日本全国で、いつでも吹奏楽が溢れている。

 

一般社団法人 吹奏楽普及協会 ご来場者の声

HOME | 来場者の声

ご来場者・参加者・保護者様の声

dsc_2271.jpg contest2018_img3.png contest2019_img1.png mva_04.jpg

お母様の声を頂きました。
(2020年全国ポピュラーステージ吹奏楽フェスティバルより)

先日はフェスティバル開催本当にありがとうございました。
久々の晴れの舞台で、楽しそうに笑顔で音を奏でる娘や、部活のメンバーをみることができて、心から感動しました。
娘たちも、ほんとに楽しかった!ずっと吹いていたかった!吹きながらみんながほんとに楽しそうにキラキラしてて、泣けてきた!幸せだった!
と興奮しっぱなしでした。
好評を聞いている間は、みんなマスクの下で、泣いていたとのことです。
嬉し涙、悔し涙、やりきった涙いろんな涙があったようです。
夜寝るときも何度も吹いていた姿、音がが頭をよぎって、涙があふれて、、、と言っていました。
帰ってきた娘とは、抱き合って泣きました。
感染者が増える中、子供たちのプレッシャーも大変なものだったと思います。
大変な中、こんな貴重なステージを用意してくださり、本当にありがとうございました。
私も、たくさんの音楽をきくことができ、コロナ一色の毎日を忘れることができ、温かい気持ちになれた一日でした。
SNSをやっていなくて、こちらにお礼と感謝の気持ちを書かせていただきました。ありがとうございました!
※私以外の保護者の方もやれたことに、みんな感謝していました。
 

お母様の声を頂きました。
(2020年全国ポピュラーステージ吹奏楽フェスティバルより)

お世話になります。今回のコンクールに出場させていただく予定の保護者のものです。御社のコロナのなかでも、子供たちに希望をもたせてあげたいという言葉にとても感動しまし、襟が炊く思いました。
実際我が娘も、高校2年ですが、学校の方針で2年の3月に定期演奏会をして引退予定です。夏のコンクールはなくなり、イベントもほとんどなく、部活も制限がかかり、その中でも自分たちでコロナに対するマニュアルを作り、絶対吹奏楽部からは感染者をださない、もう合奏できない日々は嫌だとの思いで毎日活動しているようです。
みんなで演奏できる喜びを噛み締め、すくない出番を大事に大切に演奏し、そして毎回涙し、この演奏がとまることのないようにと、祈るような思いのようです。コロナの感染者が増えて、このポピュラーコンクールもどうなるのか…、なくなるかもしれない…、無観客かもしれない…、色々な思いで毎日練習しているようですが、開催されると信じながらやっているようです。
実際親としても、なくなるかもしれないよ、と少し心構えをさせておかないと、と思います。開催してほしいとは強く思います。
延期でも無観客でも、配信でも何らかの形で開催されればいいと思います。
なんとかあの素敵なホールで演奏させてあげたいです。
色々ご判断も難しいとは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。